BIOGRAPHY

ジョナサン・カッツ Jonathan Katz

ニューヨーク出身。イェール大学とイーストマン音楽学校大学院で音楽を広く学び、のちに東京を拠点にする。NYと東京の両ブルーノートに出演し、レイ・ブラウン、ケニー・バレルらと共演。19人編成「東京ビッグバンド」のリーダー。国立音楽院非常勤講師。五木ひろしや小野リサとも共演するなど幅広いジャンルで活動している。

  ニューヨーク出身。吹奏楽とビッグバンドの伝説的音楽教師である父に影響を受け、6歳でピアノ、9歳でホルンを始める。11歳の頃にジャズに目覚め、高校時代にカウントベイシーオーケストラの音楽監督フランク・フォスタ−等と共演。

 

イェール大学とイーストマン音楽大学院で音楽を幅広く学び(その間の一年は上智大学で留学)、東京を拠点にする。故レイ・ブラウン、ケニー・バレル、ルー・タバキン、トム・ハレル、エディー・ヘンダーソンなどのジャズの巨匠と共演。1994年に初ジャズピアノトリオCDをリリース。2000年にハンク・ジョーンズに代ってレイ・ブラウン(b)カルテットに参加、ブルーノート東京に初出演し、好評を博す。

 

2003年に日米混成カルッテット「NYTC」を結成、日米両国でツアーと録音を重ねる。自分の音楽性と作編曲術をさらに磨くために2008年に設立した19人編成「TOKYO BIG BAND」のリーダーであり、2019年3月に同楽団による11曲の日本叙情歌のジャズアレンジが収録されたCD「SAKURA」をリリース。同年2月に歌手アンドレア・ホプキンズとのデュオ「Happy Talk」のライブCD「All About Love」をリリース。4月にサントリーホールに「ディズニーワルドビート」ビッグバンドのピアニストとして出演。

 

日本の大御所作編曲者ボブ佐久間の指揮のもと、ポップスピアニストとしてN響、東京フィルハーモニーなどと共演し、川畠成道、五木ひろし、小野リサなど多ジャンルのアーティストと共演や編曲。国立音楽院非常勤講師。スインギーかつ詩的な響き、ユーモア感も出る、アイディアに溢れたピアノ・プレイと作編曲スタイルでジャズファンのみならずのみならず幅広いリスナー層に支持されている。

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。